3336BD3D-7469-4523-9B81-8F90FD610989
BLOG

自分を誇れる道

ホールエナジーマネージメント®️付属ゴールデンハートアカデミーが2022年6月に開校するにあたって

私の一つの経験

自分を誇れる道に行くまでに、たくさんの経験をしてきた中で分かりやすいパターンがありました。

恋愛で人に合わせて自分が無くなってしまう経験って誰しも一度はあると思う。(人に合わせしまうのは人間だから恋愛に限らず)

この人は私の何がどこが好きなんだろうか?

自分に自信がなかったり

常に自分に厳しく自分を責めて真面目な優等生なんかやっていると、がんじがらめになっていたりする。

自分を褒めるとかよく分からない時やまだ自分の内側では眠っている隠れている才能がある中で、それにまだ気づく前のお話。

昔の恋愛が上手くいっていなかった時に

そのままでいいんだよって言われたけど

そのままって何?具体的にここが好きとかこういう所が良いんだよって

言われたとしても、しっくりこなかったんだよな

なぜかってそのままの自分がダメだと思っていて認められない粗探しばかりするの

自分のこと見ていないし、良いところいっぱいあるのに

自分に厳しいし好かれるはずがないのに、この人私と付き合っているの何故なんだろうか?

自己価値も分からず自己信頼もなく自分を責めるパターンも繰り返しかねない

人と比べて劣っているとか、自分のせいで上手くいかないんだーって

否定的なマインドが働いて、段々と私らしく無くなって恋愛が終わるパターン

そんな事を無意識でおこなって生きてきている古い日本の教え 古いパターン 思い込み 古い男性性

本当の自分を出し始めてきたら、相手に引かれるパターンも経験してきているから、

相手中心の当たり障りのない人を演じて、やっぱり自分じゃなく疲れてしまって恋愛が終わりを迎える。

こうであらねば好かれるように自分を演じ始めるんだよな、キリがないくらい果てしなくある

これはインナーチャイルドの一生懸命頑張る子色んなインナーチャイルドの影響と

あとは過去生の影響経験からくるものや闇や影

そして古い日本の教えや家の教え

他にも様々なパターンが組み合わさって形成されてきた。

このままでいいそのままで素晴らしい私

誰かを真似たり好かれるように自分を変えたり一生懸命頑張った自分もいる

その子達もマルっと愛で包んでそれも私なんだよ

他のやり方を知らなかったし自然にやってしまう

それに気づいてからマルっと全て私なので愛して愛して💕

そうやって自己愛深めて、自分を見る時間が始まって10年近くが経ちました。

スピリチュアルの学びは、23歳の頃にexecファシリテーターの佐藤かおりさんと出逢いそこから始め17年近く経ちました。

長かったようなあっという間のような

悔しい経験で立ち上がって、これがきっかけでスピリチュアルの学びに自分に本気になり始めました。

自分を大切に大事に愛して愛して

沢山の変容を繰り返してきた

あの恋愛での経験は、あらゆる感情に気づき本気で自分に向き合い始めた時

自尊心がなくなった私に自立心と強さ自分を取り戻す自己愛に目覚めるきっかけで、色んな学びがてんこ盛りでした。

それにはホールエナジーマネージメント®️での学びとの出逢いもあり

ビジュアライゼーションやヒーリング日常の出来事生活がとても大切

トランスフォメーショナルや自然律も大切になってきます。

過去の出来事から日常生活での学びで感じてきた感情をマスターしながらハートと繋がり

自分の事を知っていく事で、何とも生きているって幸せよねって思えるように、自分を愛して讃えて誉めて認めて最高じゃん!!私!!

自己表現も豊かになり、私はわたしでいいんだってこのままの自分で愛されているんだって思える。

自分の本当の強さやパワフルさ本来の輝きを知ることができ

本当にしあわせを実感できるようになりました。

それには、コツコツと努力も必要で自分と向き合う本気さもあると思う。

学びをサポートしてくれる豊かな素敵な講師がいる ホールエナジーマネージメント®️での学びがあります。

最新のスピリチュアルの情報と共に言葉では言い表せないくらいの叡智や感動に出逢えました。

そして2022年6月にホールエナジーマネージメント®️付属ゴールデンハートアカデミーが開校いたします!!㊗️🎉

ホールエナジーマネージメント®️https://www.wenergym.com/

ゴールデンハートアカデミーhttps://www.goldenheart-a.com/

色んな感情と向き合い愛で包んで、私は私である自分に誇りを持って自信に繋がりました。

たくさんのファシリテーターも育って楽しく学んで彩り豊かな仲間達もいるので一緒に学びませんか?